ページ

人類は、子孫を残すために性行為を行います。新たな生命を誕生させる神聖な行為であり、人類という種が存続していくには欠かせない行為です。
性行為を行うことで子どもができるので、本来は共に子育てをして家庭を円滑に運営していけるパートナーを選定して性行為を行います。
愛情を感じ、共に家庭を運営していけるパートナーとのみ行う行為であった性行為ですが、近年は価値観の変動が見られます。
性行為を行うことによって得られる性的快感を求めて、比較的ライトな感覚で性行為を行う若者が増えています。
恋人や夫婦といった関係を築くことなく性行為を行うことも珍しくありません。性行為を行う体だけの関係であるセックスフレンドが何人もいるといった方もいます。

このように、性への観念が薄れてゆく中、様々な問題が起きています。
性が軽いものとしての認識が広まって行く中で、避妊を行わずに性行為をする若者も多くいます。それによって恵まれない子どもも多く生まれています。
代表的な避妊方法がコンドームを着用しての避妊です。コンドームには、避妊以外にも大きな役割があります。
それは、性病感染のリスクを回避するということです。
性病は、性器で繁殖したウィルスが性行為を行うことによって相手に感染してしまうという症状です。
性器の粘膜と粘膜が直接触れ合ったり、摩擦を起こすことによって菌の交換が行われます。コンドームを着用することによって、お互いの性器が直接触れ合うことが無いため、性病感染のリスクは大きく減少します。
オーラルセックスによって感染する性病もあるため、完全に性病のリスクをゼロにするという事ではありません。しかし。数多くの性病の感染を防ぐことが出来ます。

性病に感染してしまった、一刻も早い治療が必要です。病院での診察もありますが、通販で薬を購入する事もできます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031